さくま治療院ブログ

さくま治療院ブログ

トップページ >  さくま治療院ブログ  > 慢性痛は動けない姿勢から 胸郭を使って身体の連動性を高める
2019年07月09日

慢性痛は動けない姿勢から 胸郭を使って身体の連動性を高める

姿勢が悪いとよく胸を張りなさいと言われる方が多くいらっしゃいますが、実はこの胸を張る姿勢も良い姿勢とは言えません。

 

胸を張った状態で動こうとすると機械のような動きになります。

 

運動は上手な人ほど力感を感じない、力が抜けて見える

 

この運動上手の技術の一つが姿勢です。

 

息を吸うと肋骨が上がります。その肋骨が上がったまま息を吐きます。

 

肩の力を抜きます。

 

こうすると身体に腕がぶら下がったような状態になり、腕の動きが身体の動きとつながりやすくなります。

 

こうすることで腕も軽くなるだけでなく、腰にかかる負担も軽くなり、足も軽くなります。

 

患者様に試してもらうと歩くのが楽と感じれれています。

 

言葉だけだと難しく感じる方もいらっしゃると思います。

 

ご興味ある方はお試しください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
マッサージさくま治療院
http://www.sakumassage-0617.com/
住所:千葉県千葉市稲毛区小中台町567-182
TEL:043-306-6351
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Page top